2021年

秋田県秋田港及び能代港における洋上風力発電事業の洋上据付工事の開始について

2021/04/27
丸紅株式会社

 

丸紅株式会社(以下、「丸紅」)が筆頭株主の「秋田洋上風力発電株式会社」(以下、「AOW」)が、秋田県秋田港及び能代港で進めている着床式洋上風力発電所及び陸上送変電設備の建設(以下、「本工事」)について、今般、大型洋上風力据付船であるSEAJACKS ZARATAN号(※)が秋田港に到着し、4月28日より洋上での基礎据付工事(以下、「洋上据付工事」)を開始します。この洋上風力発電事業は、日本国内で初めての商業ベースでの大型洋上風力発電事業であり、また、洋上風力据付船が日本の海域で洋上風力据付工事を行うのは史上初となります。

本工事は、2020 年2 月に着工しており、洋上据付工事は2021年中に完了、2022年4月頃より秋田港及び能代港の沖合に合計33基の風車据付工事を行い、2022年末までの商業運転開始を目指します。

丸紅は、日本を含む世界19カ国で持分容量約12GWの発電資産を保有・運営しています。サステナビリティ推進の一環として、世界の気候変動対策への取組みに貢献すべく、2018年9月に石炭火力発電事業および再生可能エネルギー発電事業に関する取組み方針を発表、2021年3月には気候変動長期ビジョンを策定しました。今後も積極的に再生可能エネルギー発電事業へ取り組んでいきます。洋上風力発電は大容量且つ高効率の発電方式として欧州・アジア・米国を中心に更なる市場拡大が見込まれていることから、国内外での更なる事業参画・運営を強化していきます。

(※)丸紅、株式会社INCJ、株式会社商船三井の3社が共同出資する英国洋上風力据付大手Seajacks International Limitedの100%子会社であるシージャックス3ジャパン合同会社が保有。

 

【関連プレスリリース】

2021.03.091
『気候変動長期ビジョン』 ~温室効果ガス排出のネットゼロに向けて~
https://www.marubeni.com/jp/news/2021/release/00022.html

2018.09.18
サステナビリティへの取組み方針に関するお知らせ(石炭火力発電事業及び再生可能エネルギー発電事業について)
https://www.marubeni.com/jp/news/2018/release/00036.html

2020.02.03
秋田県秋田港及び能代港における洋上風力発電プロジェクトの実施、及び融資契約の締結について
https://www.marubeni.com/jp/news/2020/release/20200203J.pdf

2020.03.27
英国シージャックス社秋田県秋田港及び能代港における洋上風力発電所向け基礎据付契約締結及び洋上風力据付船の導入について
https://www.marubeni.com/jp/news/2020/release/2020032701J.pdf

【秋田洋上風力発電株式会社 ホームページ】
https://aow.co.jp/jp/

以上

一覧に戻る