素材産業グループフォレストプロダクツ本部

主要取扱商品・分野

  • チップ、バイオマス燃料
  • パルプ、古紙
  • 紙製品、板紙製品、衛生用品
  • 建材、木材製品

本部の強み

森林由来の素材に関わるビジネスを多岐にわたり展開

植林、パルプ生産事業および紙製品の製造からトレードまで、多岐にわたる森林由来の素材利用に関わるビジネスを展開しています。また、今後需要の増加が見込まれるバイオマス燃料事業においては、サプライソースをさらに拡充していきます。素材利用による経済価値および排出権取引を見据えた環境価値の追求により、森林資源の価値最大化を目指していきます。

環境・地域社会に配慮した森林経営

1990年代より植林事業を展開しています。インドネシアとオーストラリアで約13万haの植林(総事業面積約30万ha)を適正管理するとともに、将来の脱炭素社会に向けた森林資源の利活用を研究しています。

  • 植林事業(インドネシア)
    植林事業(インドネシア)
  • 植林事業(オーストラリア)
    植林事業(オーストラリア)

段ボール原紙製造事業の国内外展開

アジアを中心に需要が伸長していることから、パッケージ事業を重点事業分野と位置付けています。
国内では興亜工業(富士市)・福山製紙(大阪市)を経営し、製造と流通が一体となった独自の事業を展開しています。海外では、ベトナムで段ボール原紙製造会社を経営しており、同社を起点にアジア各国における事業領域の拡大に取り組んでいきます。

  • 興亜工業外観
    興亜工業外観
  • KOA建設中の生産設備
    Kraft of Asia Paperboard & Packaging Co., Ltd.

衛生用品事業の世界展開

Santher製品
Santher製品

世界中の人々への高品質な製品・サービスの提供を通して、衛生的な環境と安心、快適な生活の実現に寄与すべく、2020年6月にブラジルの衛生紙メーカーSanther - Fábrica de Papel Santa Therezinha S.A.に出資しました。今後、アフリカをはじめとする新興国を中心に衛生紙事業の世界展開を目指します。

できないことは、みんなでやろう。