素材グループ紙パルプ本部

主要取扱商品・分野

  • チップ、バイオマス燃料
  • パルプ、古紙
  • 紙製品、板紙製品
  • 建材(合板・セメントなど)

紙パルプ本部の強み

紙パルプに係るビジネスを多岐にわたり展開

植林、パルプ生産事業および紙製品の製造からトレードまで多岐にわたりビジネスを展開しています。また、今後需要の増加が見込まれるバイオマス燃料事業において、ベトナム産ペレット販売事業などの取り組みをさらに強化していきます。

世界3カ国にて植林事業を展開

植林事業(インドネシア)
植林事業(インドネシア)

1990年代より植林事業を展開しています。現在、主に世界3カ国3つのプロジェクトで21万haの植林可能地の適正管理を行っています。伐採・加工されたチップは製紙原料などに利用されています。今後も価値が見直される木質資源の確保を図っていきます。

国内での段ボール原紙製造事業と海外展開

興亜工業外観
興亜工業外観

アジアを中心に需要が伸長していることから、パッケージを重点分野と位置付けています。
国内では興亜工業(富士市)・福山製紙(大阪市)を経営し、製造と流通が一体となった独自の事業展開が強みです。この強みを活かし、成長市場であるアジア各国にて事業領域の拡大に取組んでいきます。