致力于人才打造可发挥个体多样性的优良环境

多样性管理的推进

丸红以“通过活跃的多样个体,共筑强大的丸红集团”为追求目标,自2009年起为了进一步推进多样性管理,设立了专门的工作小组。该小组作为帮助具有多样性背景的员工创出绩效的基础构架,一直不断地推进职业生涯管理工作。

丸红的多样性管理 图表
丸红的多样性管理 图表

放大

丸红的多样性管理 图表

CLOSE

推进高龄员工的活跃度

为了最大限度地发挥高龄人才拥有的丰富知识和经验,丸红导入了60周岁起的持续雇佣制度,原则上所有有意愿的人员都在对象范围内。(截止至2017年10月1日,通过持续雇佣制度工作的员工数量已达132名)。
另外,公司内部还设置了“高龄职业匹配系统”,通过将有能力的高龄人才和集团内外的人才需求进行匹配,推进让最合适的人在最合适的岗位上发挥作用的人力资源布局。另外,自2018年4月起,为了推进高龄员工的活跃度,公司还全新设置了人事部职业咨询科,供员工咨询。

职业生涯管理的推进

本公司自2005年度起,逐步扩充了大于法定标准的制度。2017年1月,丸红的制度从“兼顾支援”转变为“活跃支援”,为了打造一个更有工作价值和意义的公司,实现了从“工作生活的平衡”到“职业生涯管理”的转变。集团公司的一系列举措,旨在实现不限于人生阶段的“持续性职业打造”与“持续性绩效发挥”。
另外,丸红还会制定了一系列跟进实施策略,以帮助员工在必要的时候适用必要的制度。经过上述这些努力,在过去的3年时间里,离职率平均降低了2.8%,丸红集团内部的持续性职业打造已见成效。

丸红的职业生涯管理概念图
丸红的职业生涯管理概念图

放大

丸红的职业生涯管理概念图

CLOSE

与职业生涯管理相关的主要实施策略
分娩、保育

放大

分娩、保育

CLOSE

看护护理

放大

看护护理

CLOSE

其他

放大

其他

CLOSE

公正的人才录用

在人才录用时,我们只看重应聘者的能力和适应性,并将创造一个不受歧视的公平招聘活动环境视为基本方针。
比如,我们不会因国籍、原籍、性别、生理缺陷、出身院校等来选用人才,为了给予更多的工作机会,实施“开放式报名”;在报名表中,不加入与判断个人能力和适应性无关的原籍、宗教、家庭状况等信息栏;在面试提问时,充分尊重应聘者的基本人权,实施基于个人能力和适应性的人才录用选拔。
除此之外,丸红还制定了以保障人才录用公正性为目的的集团整体方针《丸红录用手册》,并在集团公司内贯彻实施。

推进残障人士录用
推进残障人士录用

为了促进残障人士的录用工作,丸红设立了Marubeni Office Support股份公司,由厚生劳动大臣认可为特例分公司※。2017年4月,加上丸红个体公司,共有81名残障人士作为公司员工在丸红工作。
该公司在2016年3月还获得了“精神残障人士等雇佣优良企业认证”。该认证为厚生劳动省将积极录用精神残障人士及其他残障人士的企业认可为优良企业的特别认证,日本全国共有21家公司获得该认证。

特例分公司
特例分公司是指根据促进残障人士雇佣等方面的相关法律规定,在满足一定必要条件的基础上,获得厚生劳动大臣认可后,可将残障人士的雇佣数量反映在总公司残障人士雇佣率的分公司。

�、取り組み内容とその特長をご紹介します。

介護関連の「休暇制度」
当社は半日単位で取得できる介護関連の休暇制度を整えています。
また、短期の休暇利用であれば、証憑書類の提出を求めておらず、本人が必要と判断すれば介護の準備段階でも休暇を利用できることが特長です。
効率的な「情報収集」ができる体制
多忙な社員が介護の準備を進めるうえで、効率的に情報収集できるよう支援体制が必要です。当社では介護セミナー、介護支援ハンドブックの配布などにより、個別の事情に合わせた情報収集に役立ててもらっています。
個人の事情に応じた「個別支援体制」
介護に携わる社員一人ひとりの事情が異なるため、専門家のアドバイスが有益です。当社は介護支援を専門とするNPO法人と提携しており、社員はいつでも専門家に無料相談することができます。また、社内個別相談会も定期開催しており、社員が家族同伴で相談できる機会も設けています。これらの機会を利用して、初歩的なことから個別の事情に応じた専門的なことまで気軽に相談できる体制としています。
公正的人才录用

在人才录用时,我们只看重应聘者的能力和适应性,并将创造一个不受歧视的公平招聘活动环境视为基本方针。
比如,我们不会因国籍、原籍、性别、生理缺陷、出身院校等来选用人才,为了给予更多的工作机会,实施“开放式报名”;在报名表中,不加入与判断个人能力和适应性无关的原籍、宗教、家庭状况等信息栏;在面试提问时,充分尊重应聘者的基本人权,实施基于个人能力和适应性的人才录用选拔。
除此之外,丸红还制定了以保障人才录用公正性为目的的集团整体方针《丸红录用手册》,并在集团公司内贯彻实施。

推进残障人士录用
推进残障人士录用

为了促进残障人士的录用工作,丸红设立了Marubeni Office Support股份公司,由厚生劳动大臣认可为特例分公司※。2017年4月,加上丸红个体公司,共有81名残障人士作为公司员工在丸红工作。
该公司在2016年3月还获得了“精神残障人士等雇佣优良企业认证”。该认证为厚生劳动省将积极录用精神残障人士及其他残障人士的企业认可为优良企业的特别认证,日本全国共有21家公司获得该认证。

特例分公司
特例分公司是指根据促进残障人士雇佣等方面的相关法律规定,在满足一定必要条件的基础上,获得厚生劳动大臣认可后,可将残障人士的雇佣数量反映在总公司残障人士雇佣率的分公司。

丸红的职业生涯管理概念图

放大

丸红的职业生涯管理概念图

CLOSE

与职业生涯管理相关的主要实施策略
出産・育児

放大

出産・育児

CLOSE

介護

放大

介護

CLOSE

その他

放大

その他

CLOSE

育児支援策

「出産・育児支援ハンドブック」の配布に加え、産前休暇に入る前の社員およびその直属上長(配偶者が社内の場合は、配偶者およびその直属上長も含む)を対象とした面談を実施し、制度等についての理解浸透を図るとともに、スムーズな復職や保育園入園のための情報提供を行っています。
制度としては妊娠中に利用可能な「妊娠休暇」や子女に限らず配偶者などの家族のサポートを目的とした「ファミリーサポート休暇」、柔軟な「短時間勤務制度」等、法定を上回る形で整備しています。また、男性社員の育児休業取得促進を目的に、育児休業を一部有給扱いとする通称「育MEN休業」を設けています。

「丸紅キッズプロジェクト」の開催
多くの子どもたちが参加しました
「丸紅キッズプロジェクト」の開催

2011年3月期より子どもがパパ・ママの職場を訪問する「丸紅キッズプロジェクト~働くパパ・ママの職場訪問~」 を毎年開催し、子ども達がパパ・ママの会社や仕事に対する理解を深めるとともに、会社・社員・家族が皆で仕事と生活のあり方を考えるきっかけとしています。

介護支援策

少子高齢化の進行、兄弟・姉妹の減少、非婚化、共働きの増加等を背景に、これまで家庭内で解決されることの多かった介護の問題が、ビジネスパーソンが主体的に関わり解決すべき課題になってきています。当社は、社員一人ひとりが仕事と介護を両立し、中長期的に活躍できるよう支援体制を確立しています。
仕事と介護の両立に向けた当社の制度、取り組み内容とその特長をご紹介します。

介護関連の「休暇制度」
当社は半日単位で取得できる介護関連の休暇制度を整えています。
また、短期の休暇利用であれば、証憑書類の提出を求めておらず、本人が必要と判断すれば介護の準備段階でも休暇を利用できることが特長です。
効率的な「情報収集」ができる体制
多忙な社員が介護の準備を進めるうえで、効率的に情報収集できるよう支援体制が必要です。当社では介護セミナー、介護支援ハンドブックの配布などにより、個別の事情に合わせた情報収集に役立ててもらっています。
個人の事情に応じた「個別支援体制」
介護に携わる社員一人ひとりの事情が異なるため、専門家のアドバイスが有益です。当社は介護支援を専門とするNPO法人と提携しており、社員はいつでも専門家に無料相談することができます。また、社内個別相談会も定期開催しており、社員が家族同伴で相談できる機会も設けています。これらの機会を利用して、初歩的なことから個別の事情に応じた専門的なことまで気軽に相談できる体制としています。
公正的人才录用

在人才录用时,我们只看重应聘者的能力和适应性,并将创造一个不受歧视的公平招聘活动环境视为基本方针。
比如,我们不会因国籍、原籍、性别、生理缺陷、出身院校等来选用人才,为了给予更多的工作机会,实施“开放式报名”;在报名表中,不加入与判断个人能力和适应性无关的原籍、宗教、家庭状况等信息栏;在面试提问时,充分尊重应聘者的基本人权,实施基于个人能力和适应性的人才录用选拔。
除此之外,丸红还制定了以保障人才录用公正性为目的的集团整体方针《丸红录用手册》,并在集团公司内贯彻实施。

推进残障人士录用
推进残障人士录用

为了促进残障人士的录用工作,丸红设立了Marubeni Office Support股份公司,由厚生劳动大臣认可为特例分公司※。2017年4月,加上丸红个体公司,共有81名残障人士作为公司员工在丸红工作。
该公司在2016年3月还获得了“精神残障人士等雇佣优良企业认证”。该认证为厚生劳动省将积极录用精神残障人士及其他残障人士的企业认可为优良企业的特别认证,日本全国共有21家公司获得该认证。

特例分公司
特例分公司是指根据促进残障人士雇佣等方面的相关法律规定,在满足一定必要条件的基础上,获得厚生劳动大臣认可后,可将残障人士的雇佣数量反映在总公司残障人士雇佣率的分公司。