社会人財開発

基本方針

グローバルで勝ち抜く強い「個」の育成に向け、On the Job Trainingを中心に、その支援機能としてのOff the Job Trainingとの両輪で人財育成を強化しています。
On the Job Trainingでは、プロフェッショナリティの開発に資する若手層の海外早期派遣の推奨や現場経験の促進などのアサインメント施策を実施しています。
Off the Job Trainingでは、2017年3月期より全社研修体系を見直し、丸紅グループ人財戦略を実現する支援機能として「Marubeni Global Academy(MGA)」を整備・強化しています。
今後、MGAで実施しているプログラムをグローバル・グループレベルに展開していくことで、社員の自己啓発を促進し、丸紅グループ全体の人財レベル強化を図ります。

Marubeni Global Academy

Marubeni Global Academy 2017体系図

拡大する

Marubeni Global Academy 2017体系図

CLOSE

従業員の能力開発にあてられた時間

  2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
年間研修受講者数 4,708人 4,326人 25,188人
延べ総研修受講日数 10,697日 9,774日 23,393日
延べ総研修受講時間 78,000時間 71,000時間 170,000時間
1人当たり平均研修時間 18時間 16時間 39時間

※2019年3月期~2020年3月期は、人事部主催研修のデータを集計しています。
※2021年3月期より、CS部・営業本部主催研修及び全社e-learning受講実績等も集計対象に追加しています。

自主学習支援制度

従業員の自主学習に対する意欲を従来以上にサポートするため、自主学習支援制度を導入しています。従業員の能力開発や業務では得られない知識・経験の習得を支援することで、会社に多様性や新たな付加価値をもたらすだけでなく、意欲ある社員の充実感を高めることを目的としています。中小企業診断士や公認会計士などの資格取得支援は年間20件から30件の実績があり、通信教育支援では、ビジネスナレッジに関わるオンライン学習サービスの利用実績が延べ1,500人を越えています。