環境環境データ

過去5年間の丸紅の省エネ、省資源、廃棄物削減の取り組み結果は以下の通りです。
★印の環境データは、KPMGあずさサステナビリティ株式会社による、国際監査・保証基準審議会の国際保証業務基準(ISAE)3000「過去財務情報の監査又はレビュー以外の保証業務」(2013年12月改訂)、ISAE3410 「温室効果ガス情報に対する保証業務」(2012年6月)に準拠した第三者検証を実施し、保証を取得しています。

「独立した第三者保証報告書」はこちらよりご覧いただけます。

独立した第三者保証報告書[1MB]

GHG排出量

<GHG排出に関する指標と目標はこちら

  • (単位:t-CO2e)
2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
Scope1 丸紅単体主要拠点 41 4 4 4 12
丸紅単体(主要拠点以外)
+連結子会社
626,237 682,402 726,704 773,194 797,963
合計 626,278 682,406 726,708 773,198 797,975★
(6.5ガスを含む)
(683,025★
(6.5ガスを除く))
Scope2 丸紅単体主要拠点 3,425 2,457 2,439 2,307 2,146
丸紅単体(主要拠点以外)
+連結子会社
277,706 274,413 305,776 308,193 280,025
合計 281,131 276,870 308,215 310,500 282,171★
総計 907,409 959,276 1,034,922 1,083,698 1,080,146★
(6.5ガスを含む)
(965,196★
(6.5ガスを除く))
  • 燃料及び蒸気のCO2排出係数
    地球温暖化対策推進法の係数を使用しています。
  • 電力のCO2排出係数
    単体については、電気事業者別排出係数を使用しています。2019年3月期までは基礎排出係数を使用していますが、2020年3月期からは調整後排出係数を使用しています。
    国内の連結子会社については、2020年3月期までは地球温暖化対策推進法に基づく代替値を使用していましたが、2021年3月期からは調整後排出係数を使用しています。排出係数の変更に伴う排出量への影響は7,627t-CO2の減少となります。
    海外の連結子会社については、国際エネルギー機関(International Energy Agency, IEA)による国別のCO2排出係数(CO2 emissions per kWh from electricity generation)の値を使用しています。2021年3月期からは再生可能エネルギー由来の電力については、Scope2排出量の算定から除外しています。
  • 事業活動に伴うエネルギー起源CO2以外の温室効果ガス(6.5ガス)排出係数
    地球温暖化対策推進法の係数を使用しています。
  • 2020年3月期以前のGHG排出量には6.5ガスを含んでいません。2021年3月期のGHG排出量には6.5ガスを含んでいますが、Scope 1の合計及び総計においては6.5ガスを除いたGHG排出量についても開示しています。

<Scope1排出量(6.5ガス)内訳>

  • (単位:t-CO2e)
2021年3月期
6.5ガス総量 114,950
内訳 二酸化炭素(CO2 5,203
メタン(CH4 72,081
一酸化二窒素(N2O) 36,602
ハイドロフルオロカーボン(HFCs) 1,064
パーフルオロカーボン(PFCs) 0
六ふっ化硫黄(SF6 0
三ふっ化窒素(NF3 0

6.5ガスは、ドライアイスの使用に伴う二酸化炭素、燃料の燃焼の用に供する施設及び機械器具における燃料の使用、家畜の飼養(家畜の消化管内発酵)、家畜の排せつ物の管理、廃棄物の焼却もしくは製品の製造の用途への使用・廃棄物燃料の使用に伴うメタン及び一酸化二窒素、業務用冷凍空気調和機器の整備におけるHFC の回収及び封入におけるハイドロフルオロカーボン、変圧器等電気機械器具の使用における六ふっ化硫黄を対象としています。なお、パーフルオロカーボンと三ふっ化窒素の排出はありません。また、六ふっ化硫黄については、温対法に基づく報告義務が生じる会社はありませんでした。

エネルギー・電力消費量

<2021年3月期までの東京本社・大阪支社の目標設定はこちら

<単体の国内全拠点の実質CO2フリー化についてはこちら

2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
丸紅単体主要拠点の電力消費量(単位:千kWh) 7,239 5,021 5,180 5,227 4,629
丸紅単体+連結子会社のエネルギー消費量(単位:千GJ) 12,740 13,532 14,384 15,303 13,771★
  • 電力の単位発熱量は、3.6GJ/MWhを使用しています。
  • 燃料は地球温暖化対策推進法の単位発熱量を使用しています。
  • バイオマスエネルギーは含みません。

取水量

<水マネジメントの詳細はこちら

<2021年3月期までの東京本社の目標設定はこちら

  • (単位:千㎥)
2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
丸紅単体の取水量 40 4 4 5 396
連結子会社の取水量 50,985 50,525 55,251 54,892 80,690
合計 51,025 50,529 55,256 54,897 81,086★
三峰川電力(株)取水量 210,252 217,254
総計 265,149 298,340★

<水資源別取水量内訳>

  • (単位:千㎥)
2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
河川、湖沼、池からの地表水 34,216 34,395 240,094 281,997
地下・井戸 7,706 6,917 9,471 10,459
採石場で採取された水 0 0 0 0
都市用水(上水) 1,113 5,683 5,767 5,073
外部排水 7,418 8,070 9,566 237
収集された雨水 2 0 0 0
海水、海や海洋から取り出された水 73 193 231 575
合計 50,529 55,256 265,130 298,340
  • 2020年3月期から三峰川電力による水力発電事業に使用する発電用水(河川の流水)を集計対象に含んでいます。
  • なお、三峰川電力による水力発電事業は、流れ込み式(自流式)を主とする中小水力発電事業です。三峰川電力の詳細はこちら
  • 2021年3月期から上下水道事業および工業用水供給・排水処理を事業の一環にて行う会社において取水した原水についても取水量に含めており、当該取水量は23,957千㎥でした。

水ストレス地域からの取水状況

丸紅グループは、WRI(世界資源研究所)が開発したAqueductツール及びデータベースに基づいて、水ストレスレベルがhigh以上の拠点を特定し、社内の「サステナビリティ情報調査」等を通じて、当該地域からの取水量を調査しています。
2021年3月末時点のデータを集計した、サステナビリティ情報調査で特定された19の事業所が、水ストレスが相対的に高い米国のGulf Coast, Mississippi - Missouri, RÃo Grande - Bravo, RÃo Lerma, Saskatchewan - Nelson, Columbia and Northwestern United Statesの流域で操業しています。これらの地域において、合計68千㎥の取水量があり、これが丸紅グループ全体の取水量から水力発電に使用した分を除く、81,086千㎥のうち0.1%に相当することを把握しています(なお、物理的な水資源量、排水による汚染リスク、規制および周辺地域の評判など、総合的に高い水リスクに直面している事業所がないことを確認しています)。

排水量

  • (単位:千㎥)
2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
丸紅単体の排水量 4 4 5 396
連結子会社の排水量 44,936 38,818 47,883 68,043
合計 44,940 38,822 47,888 68,439★
三峰川電力(株)排水量 210,252 217,254
総計 44,940 38,822 258,140 285,693★

<排水先別の排水量内訳>

  • (単位:千㎥)
2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
海洋 10,983 13,445 12,643 11,321
地表水 33,070 24,590 240,738 268,138
地下・井戸 3 4 3,790 3,838
オフサイトでの水処理 884 783 969 1,967
その他 0 0 0 430
合計 44,940 38,822 258,140 285,693
  • 排水時の水質は、各国・地域の法規制等に基づいて適切に処理しています。
  • 2020年3月期から三峰川電力による水力発電に使用した発電用水(河川の流水)を集計対象に含んでいます。
  • なお、三峰川電力による水力発電事業は、流れ込み式(自流式)を主とする中小水力発電事業です。三峰川電力の詳細はこちら
  • 2021年3月期の排水量には、下水処理事業における排水26,077千㎥が含まれます。

水リサイクル率

  • (単位:千㎥)
2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
取水量 50,529 54,878 81,086
リサイクル量 16,120 18,008 42,028
リサイクル率 32% 33% 52%
  • 対象拠点:東京本社、支社、国内外連結子会社。
  • 水力発電に使用している分は除外しています。

廃棄物発生量

<2021年3月期までの東京本社の目標設定はこちら

  • (単位:トン)
2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
丸紅単体主要拠点の廃棄物発生量 432 6 8 39 4
丸紅単体(主要拠点以外)+連結子会社の廃棄物発生量 108,107 99,526 115,759 148,154 119,015
合計 108,539 99,531 115,767 148,192 119,019★
  • 有価物は含みません。

輸送時の環境負荷

2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
輸送量(千トンキロ) 565,792 472,290 508,498 484,678 364,538★
CO2排出量(t-CO2 27,938 21,445 22,705 22,617 17,516★
原単位(原油換算kl/千トンキロ) 0.0183 0.0168 0.0165 0.0173 0.0178★
  • 2017年3月期から2021年3月期まで
    丸紅株式会社の荷主としての委託輸送に伴って発生する環境負荷を対象としています。

紙使用量(A4判換算枚数)

  • (単位:千枚)
2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
丸紅単体主要拠点の紙使用量(A4判換算枚数) 30,841 27,896 25,215 22,210 10,344

リサイクル率

<2021年3月期までの東京本社の目標設定はこちら

  • (単位:%)
2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
丸紅単体主要拠点のリサイクル率 88.7 89.8 83.6 41.8 61.7
  • 2020年3月期は大阪支社の大規模レイアウト工事による廃棄物増を含みます

グリーン購入比率

  • (単位:%)
2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期
丸紅単体主要拠点のグリーン購入比率 87.6 86.8 90.6 91.2 83.1
  • 【本環境データの集計対象拠点について】
  • 丸紅単体主要拠点
    2019年3月期までは主要6拠点(東京本社、北海道支社、中部支社、大阪支社、九州支社、静岡支店)でしたが、2020年3月期以降は主要5拠点(東京本社、北海道支社、中部支社、大阪支社、九州支社)に変更しています。
  • 連結子会社
    清算・売却方針決定済みの子会社は含みません。
    2019年3月期より米国北部を拠点とする穀物集荷・輸出事業会社を含みます。
    2020年3月期よりGHG排出量、エネルギー消費量、取水量、2021年3月期より排水量の実績に米国南東部を拠点とする農業資材販売会社を含みます(廃棄物発生量には含まれていません)。
  • 【本環境データの集計対象について】
  • 2018年3月期から、灯油、軽油、ガソリンを集計対象に含めました。2018年3月期におけるこれら燃料の使用に伴うCO2排出量は25千トンでした。

サプライチェーンの把握・管理への取り組み

近年、持続可能な社会の構築に向けて、気候変動や資源問題に対する企業の情報開示が一層求められています。気候変動に重大な影響を及ぼす温室効果ガスの排出量を算定するにあたり、Scope1(直接排出量)、Scope2(エネルギー起源間接排出量)に止まらず、原料調達・製造・物流・販売・廃棄並びに資本財・出張・通勤など事業者の組織活動全体を対象とした温室効果ガス排出量(Scope3)を算定・報告する取り組みが広がっています。当社は、国際的基準であるGHGプロトコルが定めたガイドラインに従い、サプライチェーンにおける活動をカテゴリーに分類し、各カテゴリーにおける温室効果ガスの排出量を算定し、一部を自主的に公開しています。なお、Scope3のデータは、CDP気候変動質問書にも回答しています。

2021年3月期 Scope3[131KB]